INFORMATION実績 / ニュース / コラム

衣類の収納・保管方法と防虫剤その2♪コラム[9]

衣替えの季節、

いざ着用しようと衣類を出してみると虫食いが・・・って経験ありませんか?

 

収納する衣類がきれいな状態で来シーズンを迎えられるように

前回に引きつづき、

収納・保管方法やケア方法について衣類のプロがお伝えします♪

 

今回お伝えするのは、防虫剤について。

 

みなさん、防虫剤を正しく使えていますか??

ぜひチェックしてみてください!

 

【防虫剤の選び方・使い方】

①防虫剤は衣類の上に置きましょう。

引き出し用タイプ、吊り下げるタイプの防虫剤はガスタイプの防虫剤。

このガスは空気より重いので上から下に広がります。

引き出し用なら衣類の上に、吊り下げるタイプならパイプに等間隔に

かけるのが効果的です。

 

②ガスタイプの防虫剤は密閉性がポイントです。

ガスタイプの防虫剤 (引き出し用タイプ、吊り下げるタイプの防虫剤)は

密閉されている状態でより高い効果を発揮します。

タンスの開け閉め、収納ケースの隙間など、密閉性が低下すると・・・

ガスが漏れ出して、防虫効果が半減してしまうんです!

 

③衣類は詰め込みすぎないで!

衣類を詰め込んで収納すると、防虫成分が全体に行き渡りにくく

効果も半減してしまいます。

収納ケースやクローゼットの8分目くらいを目安にゆとりを持たせて

収納しましょう。

 

④適正量を使いましょう。

防虫剤はたくさん使えば効果が高いように思われがちですが、

実際は多すぎても少なすぎてもよくありません。

記載されている使用量を守りましょう。

 

⑤密閉しない空間ではガスタイプの防虫剤は×

密閉しない空間ではガスタイプの防虫剤は効果がありません。

このような空間では、衣類にかぶせるカバータイプや、風呂敷タイプ、

クリーニング店での防虫加工がおすすめです。

これらのタイプはオープン空間でも比較的高い効果が期待できますよ♪

 

1

 

 

宅配エリアについて

松山市中心部・松山市南部・白水台・南白水台・伊予・松前
1,500円以上のご注文で配送料が無料になります。